ガレージ付き注文住宅を建てる時の注意点

ガレージは、愛車を風雨からしっかりと守ることができる理想的な保管環境です。しかし多くの建売住宅にはカースペースが設置されているものの、組み込み式の車庫は多くはありません。注文住宅においては自宅の中にガレージを込みこんだプランニングも可能であるため、愛車を大切にしたいと考えている車が趣味の方などにとっては特におすすめです。なお、実際に建設する場合にはいくつかの注意点があるために事前にメリットやデメリットを確認した上で、納得のいくプランニングとなるように建設する業者との打ち合わせを行いましょう。注文住宅ならではのプランニングで、趣味の車をよりいっそう楽しめる空間が実現します。愛車を室内から眺められるようなプラン、作業スペースを確保した広いスペースのあるプランなど、夢が広がります。

組み込み式とする場合のメリット

組み込み式車庫の設置されている住宅の一番のメリットは、車の保管スペースと居住空間が接しているために、雨に濡れずに車に乗り込むことができるということでしょう。雨の日にたくさんの買い物をしてきたあとというシチュエーションでは、特にその恩恵を感じることができます。また車が雨や風などの外的要因によって破損することも物理的に防ぐことが可能ですので、きれいな状態を長く保つことができます。ガレージ保管されていた車と、青空駐車の車とでは同じ年数であっても内外装の劣化の仕方に差が出てくることは有名な話です。住宅の外観もスッキリとした見た目となることもメリットです。住宅と車庫が一体化することで、庭のスペースを広くとることも可能です。来客時のカースペースの確保もできます。

組み込み式車庫を設置する場合の注意点

組み込み式車庫には多くのメリットがありますが、あらかじめ注意しておきたいこともあります。組み込み式の場合にはガレージ面積も、延床面積に参入される場合があるという点です。組み込み車庫の場合には、延床面積の5分の1以下であれば床面積に参入しなくても良いこととなっていますので、プランニングの参考にしてください。登録する延床面積が広くなると税金額が変わってくるために注意が必要です。なお、地下に車庫を設置する場合においては、土地に関する建ぺい率に関する規制は受けないことや、容積率での3分の1以下である場合には参入しなくても良いという規定などもあります。居住地域によってこの基準が異なる可能性がありますので、注文住宅を建設する前にかならず確認しておくことが重要です。