ガレージ付きの注文住宅はみんなの憧れ

注文住宅の魅力は間取りを自由に決めることができる点にあります。企画型の建売住宅では自宅にガレージを組み込んだプランはあまり見かけませんが、自家用車を所有してカーライフを充実されたいと考えている人にとっては、やはりビルトインガレージは魅力的なプランです。自家用車を収容するスペースが自宅から直接行き来できることによって、雨の日の送迎や買い物などのシーンでとてもありがたみを感じることができますし、大切な愛車を車上荒らしや盗難などの犯罪行為から守ることもできます。また、屋外に車庫を設置すると庭のスペースが狭くなることや日陰ができることなどのデメリットがありますが、ビルトイン式ではそのような心配もありません。自動車が好きなファミリーにとっては憧れのプランであるといえるでしょう。

充実のカーライフを実現するための家

車が趣味であるという方が注文住宅で車庫組み込み型の住宅を建てるというケースがとても多く見られます。それは大切な車をしっかりと守ることができるためです。防犯の観点からも自宅と同じ建物内にガレージがあることは大きなメリットとなります。また、台風や暴風雨などによって折れた木の枝や飛んできた看板が車に当たり破損するということも防げます。雪が積もって車が埋まってしまうこともありませんし、霜がフロントガラスを覆い尽くすことも防げます。愛車をさまざまな災害から守り、防犯対策においても大変有効である組み込み式車庫は、注文住宅を設計する時にぜひ取り入れたいプランです。いつもすぐそばに愛車が停まっているという安心感は、屋外車庫や青空駐車では得ることができない特権です。

広い庭が確保できて住宅の外観もスッキリと

屋外にカースペースを確保すると、大きな面積が必要となります。普通乗用車の標準的なサイズは、幅が約1.7m、全長が約4.7mですが、カースペースはこの大きさを上回る余裕が必要となります。つまり、出入りの余裕の分も考慮すると幅は3m、全長は5m程度の面積が必要となります。計算をするとカースペースには15平方メートル前後が必要となりますので、敷地面積の確保しにくい都市部の土地ではその分を確保するだけで精一杯で庭のスペースが取りにくくなります。しかし住宅組み込み型のビルトインガレージとすることで、その問題は解決します。また一体となったデザインをすることによって、外観もスッキリと見栄え良く仕上げることも可能です。スタイリッシュで快適な車庫付き注文住宅で、より良いカーライフを実現してみませんか。